パート薬剤師のお仕事探しなら

一括3社に2分で登録
それぞれの得意分野が聞けて、希望の条件で探せます。
比較した事によって、一番条件の良い求人を選べます。
     ※登録・利用料・無料  ⇒薬剤師ナビ
 

在宅医療の普及、在宅薬剤師について

 

 

近代の高齢化社会は、今後さらに高齢化が進んで行くと、予想されています。

 

・65歳以上の高齢者数は、2025年には3,657万人となり、2042年にはピークを迎える予測
 V3,878万人

 

・我が国は国民皆保険のもと、女性の平均寿命86歳V世界2位(男性79歳V同8位)
 を実現するなど、世界でも類を見ない高 水準の医療・介護制度を確立。

 

・また、国民の60%以上が自宅での療養を望んでいる。

 

                    (在宅医療・介護推進プロジェクトチーム より)

 

 

上記の、理由により、国は在宅医療の推進を行っています。

 

 

薬剤師の仕事の中でも、在宅薬剤師の仕事は今後もっと増えてくるでしょう。

 

 

 

まず、処方箋に基づいて、患者様に応じて薬を調剤します。

 

そして患者様のお宅へ訪問。医薬品・衛生材料の供給と薬歴管理を行います。

 

患者様とのコミュニケーション。薬の説明や服薬指導を行います。

 

服薬の状況と保管状況を確認し、改善点等あれば提案。服薬カレンダー等。

 

薬の副作用等を確認して、担当医へ報告。嚥下能力等の身体機能の低下に

 

起因する服薬管理を行い、服薬方法についての適切な支援を行います。

 

ケアマネジャーや医療福祉関係者との、連携・情報の共有、

 

そして薬剤に関する説明も行います。

 

 

 

薬剤師が、在宅訪問を請け負うには、

 

@医師から指示を受ける
A薬局から指示を受ける
B介護支援専門員から相談があり指示を受ける

 

等があります。

 

 

在宅薬剤師は今後、もっと普及していくでしょうが、その為には、問題もあります。

 

在宅を受け持つ為には、一薬局に1人もしくは2人の薬剤師では、人手が足りない状況をどうするのか、

 

24時間365日体制になりますので、そのシステムの構築には時間がかかるのではとか、

 

在宅訪問業務が可能な薬局情報の不足、又、在宅訪問が出来る薬剤師の不足、

 

麻薬の供給や無菌調剤施設に係る問題等あります。

 

 

 

在宅に関しては、患者様の状況を細かいところまで分析して管理しなければならないので、

 

大変だと言われています。

 

しかし、今後の国の方向を考えると、在宅薬剤師としての経験もとても重要になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

薬剤師が在宅医療をする事に、特に資格はいりません。

 

しかし、2013年より在宅療養支援を行うすべての薬剤師に向けた、

 

認定薬剤師制度が開始されました。

 

これは、在宅患者様についで、要介護が必要な高齢者の薬物治療、

 

そして、がん患者様にも、薬剤師の専門性を生かした、より良質な医療を提供する事が

目的です。

 

この資格は、薬剤師学会が定めるカリキュラムの修了者の中から、

 

筆記試験を行い、認定されます。

 

今後のスキルアップの為にもなりますし、在宅医療の安全性を考えると、

 

是非、挑戦したい資格です。

 

 

 

 

             <<<入れ替わりの多いパート薬剤師の職場

 

 

 




薬剤師転職サイトには、
複数登録しておくと、
より希望の求人を探せる可能性が、
各段とアップします。



薬剤師ナビ













高給与・好条件求人をまとめて紹介

 ・ 全国対応
 ・ 求人件数 13万件
 ・ 転職成功率の高い会社です。

⇒⇒⇒薬剤師ナビ



ファーマキャリア













薬剤師のオーダーメイド求人

 ・ ありあわせ求人に頼らないオーダーメイド求人
 ・ 大手で活躍してきたコンサルタントのみで対応
 ・ お客様の数を制限、手抜き一切なし

⇒⇒⇒薬剤師のオーダーメイド求人ならファーマキャリア



転職して、今よりも
さらに好条件を目指す方は、
「薬剤師ナビ」と「ファーマキャリア」の
2つに登録しておく
間違いないですね。





会社によって求人の得意分野が違います。
比較する事によって、昇給した例も!
一括3社に登録するので、非公開求人も3倍。
 
   ※今すぐ求人を見てみる  ⇒薬剤師ナビ